トップ > 猫手講座 > アフィリエイトでランディングページはとっても大事という事。

アフィリエイトでランディングページはとっても大事という事。

アフィリエイトでランディングページはとっても大事という事。

nya-lp.jpg

LPとも約されて使われますが、アフィリエイトリンクで紹介して移動してもらった先のページ(ランディングページ)で成果は大きく変わってきます。

よく言われている事ですね。

同じプログラムでもランディングページがいくつもある事も多いです。

商品リンクが生成出来る場合も含めて「自分のサイトに合ったランディングページを選択して利用」しますが・・・・・・・・・。

気が付いたらランディングページが変わってた!なんて事も意外とあります。

もちろん成果が発生しやすいように改善される場合はOKですよね。

が、全く違う内容だったりターゲットにしている所が変わっている場合もあるようです。

というか・・・あります(汗

サイトからの導線が切れるようなランディングページに変更されてるとか困ります。


あれ?突然成果の発生件数が少なくなったな。。。。

なんて時は一度アフィリエイトリンクの移動先をチェックしてみましょう。

※ASPの管理画面から大抵の場合は確認できます。


私の場合ですが、実際にありましたね。

ちょっと気が付くのが半月程遅れてしまいました。

最初は他の要因を考えていましたが、ランディングページにちゃんと移動するか確認した所、ランディングページに移動した・・・・

「あれ?全く違うページ??」と気が付き、このランディングページが変わってた事が原因では?と思いASPの担当の方に連絡したところ・・・・・・・・・・。

連絡があり変更された時期がピッタリ合っている事が確認できました(汗

それが全ての原因ではないにしろ20万から25万円くらい機会損失したように思います。

ケッコウイタイデスネ

まぁそれでも「気が付いて良かった」とは思いますが・・・適切なランディングページが使えないという状況は変わらないので機会損失は増える・・・(涙)のです。ちゃんちゃん。


普通ならここで違うASPで同じプログラムで適切なランディングページのアフィリリンクがあれば貼り換えるとかも選択肢に入ります。

同じプログラムでもASPが変わればランディングページが違うという事もありますからね。

※私の場合は、お世話になってるのでそのままでした。

どうしても駄目なら違うプログラムも検討すると良いですね。


ランディングページが追加とか変更になった場合は連絡が来る場合が多いのですが、無い場合もあります。

システムとかなんか色々あるんでしょうね。

アフィリエイトでランディングページはとっても大事です。

突然成果が発生しなくなったとかあれば、ちょっとランディングページもチェックしてみると良いですよ・・・という実体験からのお話でした。

@猫手

猫手講座
猫手講座は、面白い企画とかあったら10人までのミニSNSを開設して、実践的なことをして行こうと思ってます。
その他、もしもドロップシッピングやアフィリエイトのセミナーで話す場合も、○○@猫手講座っとする事にしました。
・・・・・あと、まだ何をどうするかは成り行きでしょうかね(^^;

前の記事 | 次の記事

関連記事
カテゴリー
更新履歴
A8.netのディセンシアのセミナーがあるとの事でキーワード選びと具体的なステップを解説したセミナー動画の補足を
2014年8月20日
キーワード選びと具体的なステップを解説!desencia(化粧品)を例にしたセミナー動画
2014年8月 5日
ロリポップで使える「ロリポブログ」はジュゲムブログだけど有効利用してる?
2014年7月22日
タイムズカーシェアリングのホームページからタイムズカープラスへ入会して利用してます
2014年7月17日
猫手が使ってるレンタルサーバーとは?
2014年7月10日

猫と手
猫と手(^^;

当サイト「猫手.com」は、英数字表記の場合は「http://xn--kpuo98a.com/」となります。
しかし、日本語ドメインを採用していますのでピュニコード変換により日本語化されたURLは「http://猫手.com/」となります。
当サイトをリンク及びご紹介いただける場合は
<a href="http://xn--kpuo98a.com/" target="_blank">猫手講座</a>
※猫手講座の部分のテキストは「猫手.com」など都合の良いテキストに変更OKです。
宜しくお願いいたします。
@猫手

もしも関連リンク+α
もしも研究会@関西
もしもドロップシッピング・もしもアフィリエイトの自主学習グループ
0725net.com
もしもアプリ制作・開発
ブログもおまけで付いてくと言ったら・・・ここ↓↓↓
ソーシャルくます。